出産費用の相場

妊婦さん クレイアート

子供を授かった時、男の子か女の子なのか、名前をどうしたらいいのか嬉しい悩みが色々とあります。その中で気になるものの一つに出産にかかる費用はどのくらいなのか気になることこです。一般的に入院し、子供を産む時に病院で支払う費用は、40万円から100万円くらいと言われています。個室や帝王切開の場合は、高くなる傾向があります。また、個人の産婦人科や総合病院、助産院などによっても出産費用は異なってきます。個人の産婦人科で個室でエステや料理などのサービスがあるところは比較的高くなる傾向があります。しかし、健康保険組合から出産に対して出産一時金として42万円支払われ、実際に自分たちで支払う金額は、かかった費用から42万円を引いた金額となります。

出産費用は、年年かかる傾向にあります。医療費の負担や値上げもありますが、女性の1人あたりの産む子供の数も減り、せっかくだからサービスの良い産婦人科で出産したいという思いもあるため、個人の産婦人科などでは、様々なサービスが拡大され、ホテル並みのサービス、病室のところもあり、費用が高くなっています。また、流行りとして陣痛から分娩までを移動なく病室で行える、また、家族も立ち会えるものが人気となり、そういった病室は、費用が高くなってしまうため、色々とオプションを付けると高くなる傾向があります。また、出産後のトラブルなどある場合も医療費がかかってしまいます。帝王切開などは、保険適応となりますが、自然分娩は、保険適応外となります。このように、出産には、色々とお金がかかるため、自分の望む出産には、どれくらいお金がかかるか調べることも大切です。

オススメリンク

費用の内訳

妊婦さんと女の子

出産には様々な費用がかかります。検診費用に10万円程度、マタニティ用品に5万円程度、分娩準備費用に10万円、分娩費用に50万円~70万円ほどかかります。補助金を利用することで、費用の負担を軽減できます。

更年期障害を治す

妊婦

産婦人科は、女性特有の病気などの問題を解決してくれます。その問題の1つとして、更年期障害が挙げられます。更年期障害は人によって症状が異なりますが、産婦人科で診察を受けることで、その原因を改善することができます。

カルシウムを摂る

横になる妊婦

妊婦の時には、些細なことが赤ちゃんに影響するので、注意すべき点が様々あります。カルシウムにも注意しておく必要があります。妊婦の時には、赤ちゃんに栄養が回りやすいのでカルシウムが不足がちになってしまうのです。

気軽に受診

安産祈願

婦人科は女性の問題を専門に扱っているので、何か問題がある時には相談に行くと良いです。婦人科は内診台に乗ることもあるので、受診するときには脱ぎ着しやすい服装の方が、スムーズに検査することができます。

葉酸の摂取

外国人モデル 妊婦

妊娠中に積極的に摂取した方が良い成分が、葉酸です。葉酸は胎児の神経管の正常な発達を促進する効果があるからです。野菜に多く含まれている葉酸ですが、、サプリメントで効果的に摂取することもできます。